転職エージェント

転職エージェントサービスで求人情報を探していると、「非公開案件」なるものを目にすることがあります。

例えば、メイテックネクストだと機械設計・生産技術・設備保全の求人は75%が非公開です。

従って非公開案件の情報を入手しないとサービスの利用ができません。

 

マイナビメーカーAGENTでも20%以上が非公開で、好条件の求人が多く含まれています。

その他の転職エージェントも非公開案件については同様です。非公開案件の情報なしには転職活動ができません。

 

では、どうしてわざわざ非公開にして求人情報を伏せているのでしょうか。好条件が多いなら公開にして欲しいものです。

実はそこには求人企業の事情があるのです。

今回はモノづくりエンジニアの求人における非公開案件について説明します。あなたの転職エージェントサービス利用にお役立てください。

 

なぜ非公開にする求人情報があるのか?

転職エージェントサービスでは、どこも非公開案件を設定しています。

先程のメイテックネクスト、マイナビメーカーAGENTの他にリクルートエージェント、パソナキャリア、doda、リクルートダイレクトスカウトも同様です。

 

まず公開案件とは、あなたが無条件にネットで見ることが出来、応募することも自由な求人情報です。

 

一方、非公開案件は誰でも自由に見たり、応募することは出来ません。

まず、転職エージェントサービスに登録する必要があります。そしてあなたの転職希望を転職エージェントに伝えることが必要です。

 

転職エージェントはあなたの希望、キャリアや保有資格と合致する求人案件を非公開の中から選んで紹介してくれます。

もしも合致するものがなければ残念ですが、非公開案件の情報は入手できません。つまり、サービスに登録しても無条件に全ての非公開案件を見せてくれる訳ではありません。

あくまであなたが非公開案件の応募者になり得ると判断されたときに公開してくれるのです。

 

なぜこのような非公開案件が設定されているのでしょうか。それは主に2つの理由があります。

 

①企業が求人内容を一般公開せず、極秘にしたいため

1つ目は、企業が例えば極秘のプロジェクトを立ち上げるため、企業名、仕事内容を公開したくないと言う理由です。採用の可能性が高い応募者に限定して情報を公開する訳です。

 

マル秘

 

求人企業の中には求人情報どころか、求人していること自体を隠したい場合もあります。

例えば、社内で早期退職者を募集したり、賃金カットやボーナスカットをやっているような企業です。

それだけ人件費を削っていながらどうして求人をやっているのかと、社員や株主から追求される恐れがあります。

マイナビメーカーAGENTなどは公式サイトでこうした企業の事情を書いています。

 

②選考の効率化たのため

もう1つは初めから応募者をある程度絞り込み、選考の簡素化を図ると言う理由です。

一流企業で好条件の求人には応募が殺到します。人事担当者にとって応募者全員の履歴書、職務経歴書を読むだけでも大変な時間と労力を使います。

 

そこで、転職エージェントがまずは応募者と求人企業のマッチングを行い、この人なら、と言う人材に絞り込んで情報公開、応募へ進むと言うシステムを用意している訳です。

 

これは企業側にとっては選考が簡素化されて必要な人材を見つけやすいと言うメリットがあり、応募する側にも採用される可能性が高い求人に絞って応募出来ると言うメリットがあります。

 

握手

 

そんな訳で、非公開案件はあなたが転職エージェントとやり取りを行った上で初めて応募出来る求人です。

好条件の求人が見つかる可能性はありますが、自由に応募出来ない、転職エージェントによるフィルターがかかると言う条件付きの求人です。

 

もしもあなたがそんな面倒なことはしたくない、自由に転職活動をしたいと思うなら公開案件の中から応募して下さい。

 

非公開案件の裏側事情とは?

転職エージェントのサービスは応募者には完全無料で、転職が成功すると採用した企業が転職支援サイトへ紹介料を支払うシステムです。

 

逆に言えば転職支援サイトは、いくら人材を紹介しても採用されなければ全く企業からの報酬は得られません。

 

従って、転職エージェントにしてみたら非公開案件を無制限に紹介することはビジネス的に無理であり、やはり採用される可能性が高い応募者、求人のマッチングを優先させます。

 

ちょっと言い方悪いですが、紹介料がもらえそうにないマッチングはしないのです。非公開案件は採用される見込みが高い人にだけ公開するのです。

それでネットの口コミを見ると転職エージェントに門前払いされたなどと恨みの書き込みも目にします。

 

給与が上がる

 

転職エージェントは採用される見込みのある応募者に対しては履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方などアドバイスをしてくれます。

応募者と企業の間に入って手続きの調整までしてくれます。それは先程も書いたように、転職が成功して初めてお金になるからです。

 

手厚い転職サポートが完全無料で受けられるのですから、転職エージェント側の事情も理解できます。

あくまでビジネスとして転職支援をやっている訳です。

こうした転職エージェントサービスのシステムを知った上で、あなたにとってメリットがあると思えばぜひ非公開案件から好条件の求人を見つけて下さい。

 

非公開案件の多い転職支援サイト

モノづくりエンジニアの求人に関しては、以下の転職エージェントサービスに非公開案件が多くあります。

好条件が多く、本当に採用したい、それも早く採用したい企業からの求人です。

登録も利用も完全無料なので、ぜひ複数利用してください。

 

東京、神奈川、千葉、埼玉で転職を希望する20代~30代におすすめの転職エージェント。厚生労働省によって「職業紹介優良事業者」に認定されており、転職が初めての人でも安心。

 

国内最大級の求人件数で選択肢は十分、チャンスが広がる。リクルートエージェントで転職した人の62.7%が年収アップ。

 

転職者満足度No1サービス(電通バズサーチ調べ)、迷った時はまず登録すべき鉄板サービス。求人情報が他社より詳しく分かりやすく、検索機能も充実している。

 

オリコン顧客満足度調査「転職エージェント第1位」獲得。転職が初体験でも安心。スキルや経験だけでなく、志向性や社風との親和性も含めて求人をマッチング。

 

エンジニアの転職支援実績No.1。ものづくり系エンジニアの転職に特化した支援サービスで、エンジニアの求人数では業界No1

 

会員数1,000万人(2020年3月)、転職サイト会員登録率No.1。マイペースで自由に利用できる。

 

ハイクラス限定のヘッドハンティングサービス。年収800万円~2000万円クラスの求人が多数用意されている。