リクルートエージェント

リクルートエージェント公開求人が13万件以上、非公開求人が18万件以上あり、まさに国内最大級の求人数となっています。(2021年10月時点)

また、リクルートエージェントを利用して転職した人は1977年の創業以来54万人を超えています。転職支援実績としても業界ナンバーワンです。

登録者数も125万2000人(2019年度)とこちらも国内最大級です。

 

リクルートエージェントは総合系の転職エージェントサービスですが、これだけ求人数が多いので機械設計生産技術設備保全品質管理の求人数もまた国内最大級となっています。

 

自分の経験やスキルを活かしたい人はむろん、地方在住、40歳以上、実務未経験、無資格など、転職に不利な条件のあなたもぜひ登録して下さい。

不利な条件で応募出来る求人の割合は少ないのですが、全体の求人件数が多いので希望の求人が見つかる可能性があります。

 

そしてあなたの転職希望をエージェントに伝えて下さい。豊富な求人の中からあなたに最適な案件を提案してくれます。

 

私自身、半導体工場で20年間モノづくりエンジニアとして働きながら、多くのエンジニア採用にも関わってきました。

現場責任者の目線もまじえてリクルートエージェントの求人を徹底的にレビューしています。

 

リクルートエージェントのメリット・デメリット

リクルートエージェント

リクルートエージェントのメリットを一言で言えば、「求人件数が多いこと」であり、どんな人におススメかと言えば「求人の選択肢が少なくて困っている人」です。

モノづくりエンジニアの転職にはこんなおすすめポイントがあります。

エンジニアへのおすすめポイント(メリット)

①モノづくりエンジニアの求人が34,000件以上あり、国内最大級。選択肢が広くチャンスが広がる。

②産業機械、電気・電子部品、半導体、自動車、プラント業界などを中心に、様々な業界のエンジニア求人が見つかる。

③エンジニアとしてのキャリア、スキルを活かして年収アップできる求人が多い。

④関東・東海・関西はむろん、それ以外のエリアで転職希望の人にも求人が多い。

 

リクルートエージェントの特徴

公開求人15万件以上非公開案件20万件以上、国内最大級の求人件数。

転職支援実績No1。(厚生労働省「人材サービス総合サイト」2020年6月時点)

「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」(NPSベンチマーク調査2018年)

④リクルートエージェントで転職した人の62.7%が年収アップ

面接力向上セミナーの開催、職務経歴書エディターなど、独自サービスが手厚い。

2019年における、リクルートエージェントの登録者数は約125万2000人、転職決定者数は約5万2000人と、業界トップクラスの実績を残しています。(公式サイトより)

この国内最大級の実績が何より信頼と信用の証と言えます。

 

【注意点(デメリット)】

あまりに求人件数が多過ぎて、絞り込むのが難しいと言うデメリットがあります。

しかも非公開案件も多くて、好条件の求人を見逃す危険性もあります。

 

こうしたデメリット、リスクを回避するため転職エージェントのサポート登録(無料)を活用してください。

リクルートエージェントはサポートなしには効果を発揮しないサービスです。

 

■求人件数は国内最大級。まずは登録して転職先を確保、そこからじっくり選択。

【リクルートエージェント】

 

職種別・エリア別の求人件数

リクルートエージェントの職種別、エリア別の求人件数をご紹介します。

 

【機械設計・生産技術・設備保全・品質管理の求人件数】

職 種 求人件数
機械設計 9,256件
生産技術 9,566件
設備保全 11,615件
品質管理・品質保証 3,729件

*2021年10月1日 職種検索から調査。求人件数は時期によって増減します。

 

この求人数は他の転職エージェントと比較してもダントツです。さすが国内最大級です。

ただ、求人が非常に細分化されて出ています。同じ企業から職種別、勤務地別に出ていることが多いのです。

 

例えばメイテックフィルダーズと言う機械、電気・電子等の設計開発を請け負う企業からは1,300件もの求人が出ています。

応募し易いとも言えますが、件数が多過ぎて戸惑うかも知れません。エージェントのサポートを受けて探すのがおすすめです。

 

【エリア別の求人件数】

機械設計・生産技術・設備保全の求人がどのエリアに多いか調べた結果です。

エリア 求人比率
関東 31.0%
関西 19.8%
東海 22.3%
その他 26.9%

*2021年10月調査。求人件数は時期によって増減します。

リクルートエージェントは関東関西東海エリアに求人が多く、この3エリアだけで73.1%が集まっています。

しかし、その他のエリア26.9%は他のエージェントと比較して多い方です。

しかもリクルートエージェントは母数が断トツに多いので、地方で求人を探す人にはぜひおすすめと言える転職エージェントです。

 

【求人の雇用形態】

リクルートエージェントのエンジニア求人はほぼ100%が正社員募集です。多少の契約社員求人はありますが、派遣社員の求人はありません。

エンジニアリングソリューションを請け負う企業が、社員を客先へ派遣するケースはありますがあくまで正社員募集です。

 

求人の多い業種・未経験者・年収・資格など

リクルートエージェントの求人で、求人の多い業種、未経験者、第二新卒者、予定年収などの傾向を説明します。

 

【業界別の求人】

●機械設計

産業機械、電気・電子部品、半導体、自動車、プラント業界からの求人が多く出ています。

食品、医療機器、化学、素材などの業界からの求人はそれほどありません。ただ、比率は小さくても母数が多いので、探す価値はあります。

 

●生産技術

産業機械、機械部品、電気・電子、自動車、半導体など、大型の量産工場が多い業界から求人が出ています。

 

●設備保全

特に求人が多いのは産業機械・機械部品業界です。大型工場が多く、また工場の数も多いため保全の求人も多く出ています。

他には電気・電子、半導体、自動車、ビルメンテナンス、プラント保全などの業種から設備保全の求人が出ています。

 

リクルートエージェントに限りませんが、エンジニアの求人では職種を絞り込んだ求人より複合的な求人に好条件が多いです。

 

例えば、生産技術の求人では生産技術のスキルだけでなく、機械設計や設備保全のスキル、知識を持ったエンジニアの評価が高いです。

 

あるいは、設備保全では機械系だけでなく、電気系もメンテナンスできるエンジニアが求められています。

こうした複合的なエンジニアの求人には高額年収の求人が多く、転職市場では評価が高いと言えます。

 

●品質管理

自動車、半導体・電子、産業機械、医療機器、化学・素材業界からの求人が多く出ています。

 

【未経験者・第二新卒者】

リクルートエージェントの公式サイトで、「未経験でも可」を条件に機械設計・生産技術・設備保全を検索すると、約20%がOKと出てきます。

しかし、OKとされた求人をよく見るとほとんどが不可です。結果的に検索精度がイマイチです。

 

私がエンジニアの求人300件を調べたところ、未経験でも応募できるのは機械設計と生産技術で5%前後、設備保全で10%~15%といったところです。

第二新卒者についてもほぼ同様の傾向でした。

 

 

こうした傾向はどの転職エージェントでも共通であり、未経験者や第二新卒者には厳しい現実があります。

しかし、リクルートエージェントは求人の母数が多いので、他のサービスよりは応募できる可能性が高いと言えます。

 

未経験を補う自分のアピールポイントは何か、エージェントに相談しながら狙うべき求人を探すのがおすすめです。

 

【応募年齢は?】

リクルートエージェントを利用して実際に転職に成功した人の、約7割は26歳~35歳です。(公式サイトより)

40歳以上で転職に成功した人は6%しかいません。

この数字を見るとシニア世代は絶望か、と思われるかも知れませんが必ずしもそうではありません。

 

そもそもリクルートエージェントの利用者で、40歳以上は全体の23%しかいないのです。つまり、40歳以上の26%は転職成功ですから希望はあります。

むしろ、マイナビメーカーAGENTやパソナキャリアに比べてシニア世代におすすめの転職エージェントと言えます。

 

特定の専門分野に経験を持つベテランエンジニアの求人や、管理職、プロジェクトリーダー候補の求人などはシニア世代にねらい目の求人です。

ただし、こうした求人は早い者勝ちなので、エージェントのサポートを活用したいところです。

 

【専門資格は必要か?】

専門資格について、機械設計生産技術については応募の必須条件に指定している求人はほとんどありません。

 

一方、設備保全では全体の20%が必須条件となっており、電気主任技術者、電気工事士、ボイラー技士、危険物取扱者などの業務独占資格必置資格が目につきます。

 

また資格が応募条件にない求人でも、実務経験はほぼ必須です。

そして資格がないと経験を積めない仕事も多く、事実上資格は必須、と言うケースも多数あります。

個別の求人でどの資格が必要か、キャリアアドバイザーに十分確認してください。

 

特に資格を必要としない求人でも、専門資格を保有し、かつそれを活かした実績がアピールできれば、資格はエンジニアとしての能力を証明する手段になります。

どんな資格でも、履歴書や面接で単に資格を保有しているとアピールするだけでは有効ではありません。必ず実績も合わせてアピールしてください。

 

資格を活かすキモは、どの企業が、どんな資格(正確には資格相当の能力)を求めているかを知ることです。

企業情報に精通したエージェントのサポートを活用してください。

資格の活かし方については次の記事をご覧ください。

モノづくりエンジニアの転職に必要な資格はこれだ!

 

【予定年収は?】

リクルートエージェントの機械設計、生産技術、設備保全で年収600万円以上の求人割合は以下の通りです。

●機械設計 65.0%

●生産技術 49.0%

●設備保全 43.4%

●品質管理 60.1%

*2021年10月 年収検索で調査

年収600万円以上の求人には、「300万円~700万円」、あるいは「400万円~」のような求人を含みます。

あくまで可能性があるだけで、年収600万円以上を保証するものではありません。目安としてみてください。

リクルートエージェントで転職に成功した人の62.7%は年収がアップしています。

好条件の求人が多いこと、エージェントのサポートが手厚いことを示しています。

 

■求人件数は国内最大級。まずは登録して転職先を確保、そこからじっくり選択。

【リクルートエージェント】

 

リクルートエージェントを利用した転職までの流れ

リクルートエージェントを使って転職先を見つけるには、こんな流れとなります。

どんなサポートを受けることが出来るのかも合わせてご覧ください。

 

【転職活動開始から内定・入社までの流れ】

①無料登録する
・・
②転職の希望条件、サービスの確認
・・
③キャリアアドバイザーと面談
・・
④求人紹介・応募書類添削・面接対策
・・
⑤応募・書類選考・面接
・・
⑥内定・入社交渉

では、1つずつ詳しく説明していきます。

 

①転職支援サービスを申し込む

あなたのプロフィール、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力します。登録は3分から5分あれば完了します。

 

リクルートエージェントに登録する際、あなたが希望すればリクナビNEXTのスカウトサービスにも同時登録が可能です。

 

スカウトサービスに登録すると、企業の方があなたのキャリアを見てオファーが届く可能性があります。転職のチャンスが増えるので、同時登録をおススメします。

むろんどちらもサービスの登録、利用は全て無料です。

 

②転職の希望条件、サービスの確認

さっそく転職エージェントがあなたの希望条件に合致する求人を探してくれます。

そしてあなたが申し込んでから2日~7日程度で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

 

③キャリアアドバイザーと面談(電話面談あり)

あなたの転職希望の業界、業種、企業情報に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたと1対1で面談します。

 

ここで求人の絞り込みや、あなたから不安な点、疑問な点、何でも相談することが出来ます。

そして今後の転職活動の方向性を明確にすると同時に大まかなスケジュールも確認します。

 

リクルートエージェントの拠点は、北は北海道から南は九州まで、全国に16か所あります。それでも直接の面談が難しい場合には電話での面談も可能です。

 

④求人紹介・応募書類添削・面接対策

面談結果を元に、キャリアアドバイザーがあなたに最適な求人をマッチングしてくれます。公開案件だけでなく、非公開案件からも選んでくれます。

 

非公開案件とは何か、それはこの記事を参照して下さい。

転職エージェントサービスの公開案件と非公開案件のちがいとは?

 

求人票だけでは分からない業界の動向や、企業風土、職場環境などもキャリアアドバイザーが教えてくれます。

ただし、あなたの希望条件と求人がうまくマッチング出来ない場合もあります。

100%確実に希望通りの求人を紹介してもらえるとは限りません。これはどこの転職支援サービスでも同様です。

だからこそ、複数の転職支援サービスの併用をおススメします。

 

あなたが応募したい企業が決まれば、キャリアアドバイザーが応募書類の作成や面接対策などをサポートしてくれます。

 

ここも独自の情報を持った転職のプロがサポートしてくれるので、あなた一人でやるより成功の可能性が高まります。

 

この他、出席した人の実に99%が満足すると言う「面接力向上セミナー」や、応募書類が簡単に作成できる「レジュメNavi」、希望する企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」などが用意されています。

むろん、これらのサービスは会員登録すれば全て無料で利用可能です。

 

履歴書

 

⑤応募・書類選考・面接

応募に際してはキャリアアドバイザーが企業に推薦してくれます。その上で面接日の調整まで代行してくれます。

 

むろん、最終的に応募するかどうかを決めるのはあなたです。決して無理強いされることはないので安心して下さい。

気が進まないのに無理に応募する必要は全くありません。

 

⑥内定・入社交渉

あなたに内定が出れば、キャリアアドバイザーが勤務開始日の調整から、希望すれば年収交渉まで代行してくれます。

更に転職前の会社の円満退社に向けてのアドバイスもしてくれます。

転職エージェント

 

入社後も何かにつけて不安なことは必ず出てきます。そうしたことも可能な限りキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

 

 

【どうして無料?】

あなたは、

 

「どうして無料でやってくれるの?話が出来過ぎで不安・・・」

 

と思うかも知れませんね。

 

実はあなたの転職が成功したらリクルートエージェントは企業から紹介料を受け取るのです。

従ってあなたは遠慮することなく、リクルートエージェントにどんどんサポートを頼みましょう!そしてあなたの希望する転職を叶えて下さい。

 

なおリクルートエージェントの場合、転職後6ヶ月間以内に自己都合や懲戒解雇などの退職が発生した場合、企業から受け取った紹介料を規約に基づいて返金するシステムになっています。

 

従って、転職エージェントがいい加減にとにかく転職させれば後は知らん顔、と言うことはありません。この点でも安心してサービスの利用が出来ます。

 

【相性が合わない】

転職のプロであるキャリアアドバイザーも同じ人間です。あなたとの相性が必ず合うとか限りません。

また、やり方があなたから見て合点がいかない場合もあり得ます。

 

そんな時は遠慮なくキャリアアドバイザーの変更を申請して下さい。

リクルートエージェントは公式サイトでキャリアアドバイザーの交代を積極的に推奨しています。遠慮や我慢をする必要はありません。

 

交代の申請は現在のキャリアアドバイザーに直接依頼することになります。ここがちょっと言い難いかも知れませんね。

 

でも、先ほども説明したようにリクルートエージェントではキャリアアドバイザーの交代を積極的に推奨しています。転職活動に遠慮は無用です。

 

お願いが失礼な言い方にならないようにだけ気をつけて交代してもらいましょう。

また、交代して欲しい理由をハッキリ言って、今の不満が解決出来るような交代にしてもらいましょう。

 

例えば、自分が転職したい業種や業界に詳しい人に替えて欲しいとか、年代の近い人に替えて欲しいとか、希望の条件を具体的に出した方がいいです。

 

ただし、必ず希望が叶うとは限りません。

キャリアアドバイザー交代についてはこちらの記事を参考にしてください。

転職エージェントの活用法と注意点

 

■求人件数は国内最大級。まずは登録して転職先を確保、そこからじっくり選択。

【リクルートエージェント】

 

リクルートエージェントの口コミ情報

では実際にリクルートエージェントに登録してサービスを利用した人たちの評価はどうでしょうか。

何しろリクルートエージェントの利用者は非常に多いのでネットには口コミ情報が溢れています。

むろん、ネガティブな口コミ、ポジティブな口コミ、両方登場してきます。

まずはネガティブな口コミから紹介しましょう。

 

【ネガティブな口コミ】

●エージェントのレベルが低い。専門的な知識が不足しているのか、初歩的なアドバイスしかなかった。

●紹介してくれる求人の件数は多いが、希望条件と合うものがほとんどなくて使えなかった。

●最初の2週間くらいはエージェントも熱心にサポートしてくれたが、それ以降は冷たい対応になった。

●地方在住のせいか、エージェントの対応が最初からいい加減だった。

●とにかくエージェントの対応が遅くていらいらした。

 

 

【ポジティブな口コミ】

●求人件数が多く、他の転職サイトであきらめていたけど希望の転職が出来た。

●他の転職サイトよりエージェントのサポートが手厚く、履歴書や職務経歴書の添削、レビューがすごく助かった。

●エージェントが企業との交渉を代行してくれ、時間的にも助かったし結果にも満足出来た。

 

口コミ2

 

面白いですよね、口コミって。

リクルートエージェントに限らず正反対の内容がいっぱい出てきます。

ある人はエージェントのレベルが低すぎると言うし、ある人はすごく助けてもらったと感謝しています。

恐らくですが、どちらも本当の気持ちでしょう。

 

早い話、転職に成功した人はリクルートエージェントが役に立ったと言い、うまく転職出来なかった人は役に立たなかったと言います。

 

しょせん口コミ情報は主観的です。

ネガティブな口コミにしろ、ポジティブな口コミにしろ主観的なものです。あまり他人の主観を気にすることはありません。

あなたにとって価値あるサービスかどうか、それは実際に使ってみないと分かりません。

 

まとめ

リクルートエージェントについて、求人数や強み、サービスの内容、利用法などを紹介してきました。

最後にもういちど要点をまとめておきます。

●求人件数は国内最大級

総合系の転職エージェントサービスですが、求人件数は国内最大級。機械設計、生産技術、設備保全・品質管理も合計34,000件とダントツに多い。

 

●技術の分かるエージェントがサポートしてくれる

電気・電子・機械技術者担当キャリアアドバイザーがあなたをサポートしてくれます。あなたの経歴、スキルを理解した上で最適な求人を提案してくれます。

 

●地方の転職希望者やシニア世代にも利用できる

求人件数が多いので、地方の求人、シニア世代も応募できる求人が見つかる可能性があります。

求人比率は小さいのですが、母数が大きいので他のサービスよりは見つけやすいです。

 

●リクルートエージェント独自のツールが利用できる

また面接力向上セミナー、レジュメNavi、AGENT REPORT、Personal Desktopなどが無料で利用できます。

 

求人件数が国内最大級のリクルートエージェントは登録も利用も全て無料です。ぜひあなたの転職に活用してください。

 

■求人件数は国内最大級。まずは登録して転職先を確保、そこからじっくり選択。

【リクルートエージェント】